banner

任意保険

中古車と任意保険の関係について


中古車を購入した場合でも任意保険に入っておく必要があります。
任意保険は強制保険ではありませんので実は入らなくてもいいのですが、入っておくべきなのには理由があります。
万が一事故を起こしてしまった場合には強制保険だけでは賠償を支払えない場合もあるからです。
また自分が損害を被るような事故の場合でしたら強制保険の場合でしたら支払ってもらえないのです。
そのために任意保険は必要になります。
中古車なのでもしも事故で壊れても構わないという方も中にはいらっしゃいますが、中古だからこそ必要になるのです。
中古の場合は新車とは違い不具合が出やすいですので事故を起こすリスクも少し高くなるからです。
もちろん絶対に事故を起こしやすいというけではないのですが、リスクは新車よりも高くなるので気を付けなければいけません。
ですので入っておくようにしてください。
中古車だと保険に入れないということはありませんので安心してください。
ちなみに中古車を売却した場合保険の解約をすることも忘れてはいけません。
もう車がなくても解約をしなければ保険料を支払い続けなければいけないからです。
もう自分のクルマでなくなれば今後は保険料を請求されることはないというわけではありません。自分で解約をしてください。
そして一年払いなどにしている場合には払いすぎた保険料を返却してもらうことができます。
ですので返却のための手続きをするのも忘れないようにしてください。
これらの手続きは中古車販売業者の法でしてもらえる場合もあります。
また新しい車を買うときには任意保険に入らなければいけませんが、保険をかける車が違えば保険料も違ってきますので必ず一度は解約をするようにしてください。
このようなことは中古車の販売業者のほうでも一応は説明してくれると思うのでしっかりと聞くようにしてください。
あと中古を購入した場合、前のオーナーが任意の保険に入っていたとしても売ったときにもう解約をしていますので任意の保険が継続されるということはありません。自分で保険に入らなければいけませんので気を付けてください。
保険は万が一の時にはかなりの効力を発揮してくれます。
中古のクルマであっても大破してしまえば大きな損害になりますので損害を防ぐためにも入らなければいけません。
中古の場合は少し保険料が高くなることもありますが、これは保険会社が事故のリスクを少しでも穴埋めするためのものです。

Copyright(c) 2014 中古車を安く買うために必要な知識と情報 All Rights Reserved.