banner

痛車改造

痛車に改造する場合には中古車がおすすめ


痛車とは痛い車のことです。つまりはアニメなどのキャラクターなどのステッカーを張り付けてデコレーションをしてる車のことなのです。
ステッカーと言っても小さなステッカーではなく大きなステッカーとなります。
場合によっては車の外装の部分をすべてラッピングしてしまうくらいのものもあるのです。
これは販売されている場合もありますが、大体は自分でデザインをして大きなステッカーを作ってくれる業者に依頼することが多いのです。
非常に大きなステッカーになるために貼り付けるときには洗剤を入れた水を入れてはりつけるなどの工夫が必要となります。
車を痛くしたいのでしたら中古車ですることをおすすめします。決してシールによって車が痛むということはないのですが、新車の場合はなかなか思い切って痛車にすることができないことが多いのです。
また中古車の場合でしたらもしも目立つ部分にキズがあったとしてもその部分をステッカーによって隠すことができます。中古車のデメリットは見た目は新車とは違い古いことですが、それらのマイナスの面をステッカーによって完全に消し去ることができるのです。
見た目のきれいさではなくただ車としての精度だけを見て中古車を選ぶことができます。
たまたま自分のほしい車のカラーがなかったとしてもステッカーによるラッピングで好きな色に改造することもできるのです。
ちなみに痛車を作った後にその車を中古車買取店に売る場合にはそのままで買取りしてくれるのでしょうか。
痛車は興味のある方にとっては非常に魅力的なものなのですが、それは非常に限定的なものです。ですのでそのままではまず買取りしてもらえません。
もしも買取りしてもらいたいのでしたらステッカーをはがしてから売るようにしてください。
ステッカーを付けていた分外部からの刺激を受けにくく比較的きれいな状態を保てているはずです。
ただノリなどがついていますとマイナス査定にになりますのでこれは完全にきれいに取り除くようにしてください。
もしもどうしてもそもままで売りたいと思うのでしたらオークションなどで売ることをおすすめします。
オークションでしたらデコレーションした車が欲しいという方も見つかります。そのままステッカーをはがすことなく売れます。
塗装そのものを塗り替えているものはなかなか売れませんがステッカーだけで装飾をしているものであれば十分にオークションでは売れますので安心してください。

Copyright(c) 2014 中古車を安く買うために必要な知識と情報 All Rights Reserved.