banner

中古車と新車リース契約

中古車と新車リース契約について


車を購入する場合には新車と中古車のどちらを購入するかということが問題になります。中古車を購入することは費用があまりかかりませんが、一度人の手にわたっているものですので、傷や故障などの問題が生じていることが多いですので、購入の際にはトラブルが生じることが多いです。そのため購入の際にいろいろと調べることが面倒という方には、新車の購入がおすすめです。

新車は価格が高いですがその品質は高く誰も使っていないので、車のすべてのパーツに使用感がないので乗ってて非常に快適です。しかも新車の購入の仕方には大きく分けてローン契約とリース契約がありますので、支払えないということもないです。ただリース契約は毎月の賃料を支払って車を使用するというものですので、基本的に車を自分のものにするわけにはいきません。ただ車の価値を計算して買取が可能としているところもあります。

しかしそうはいってもローンでもリースでも毎月一定額を支払う必要がありますので負担が増えてしまいます。そのため中古車のほうがあとくされなく購入することができます。

しかしその購入の際に問題があるのは、傷や故障がどの程度あるのかということです。しかも中古車の購入が面倒なのは、マイナスのポイントが目に見えている部分がすべてではない時があることです。素人の販売車の場合には法律上や慣習上公開すべきとされている情報が公開されないということがよくありますので、そういう時にはこちらから注意して公開してもらうようにしなければなりません。

さらに相手が悪徳業者であったというような場合故意にこれらの情報を隠そうとすることがありますので、相手がお店であったとしても中古車の購入には注意が必要です。

そのためいい車の購入には自分自身に知識を身に着けるということが必要ですが、それ以上にいいお店を見つけることが必要になります。

いいお店を見つけることができればいい中古車を見つけるための、心強い助けになります。いいお店を見つけるためにはその店頭の清潔さについて判断しておくべきです。店頭が清潔であれば、そのお店はお客さんの視線に敏感であるということですので、お客さんに親切であることがうかがえます。

また店員さんに質問をいくつかしてみることで、その知識の豊富さと誠実さを確かめることができます。知識が豊富であれば力になってくれる程度が大きいですし、誠実であればだまされる心配もありません。

Copyright(c) 2014 中古車を安く買うために必要な知識と情報 All Rights Reserved.